過労死するような看護師の労働環境について語るサイトです

条件のいい求人の探し方

看護師の労働環境は日々悪くなるばかりです。

これではとてもじゃないけど、看護師として働いて行くのは無理だというひともたくさんいます。

 

看護師をリタイヤする前に、もう一度ちゃんと自分の労働環境を変えてみませんか?

もしかしたら、労働条件を変えるだけで、いい求人が見つかるかもしれません。

 

待遇が変われば同じ看護師として、仕事をしているだけなんだけど、続けられるかもしれません。

夜勤が辛いなら、夜勤のない職場へ。

子育てと、仕事の両立が難しいなら、託児所のある病院で仕事をしてみるのもいいかもしれません。

 

しかし、看護師として仕事をするのにいい職場を探す方法はちょっとコツが必要かもしれません。

その、方法とは、いい求人の情報をいち早く探すことだと思います。

情報をいち早くつかむことがいい転職の条件です。

 

なんとなくいい病院ないかなぁって探していて、いい求人が見つかるわけではありません。

看護師の求人は売り手市場と言われてはいますが、それはあくまでもすべての求人件数を含めての話です。

 

いい条件で人間らしく働いていけるような求人で見ると、看護師の求人件数もかなり過酷で厳しいものとなります。

 

いち早く条件のいい求人情報を得たものから、順番に抜けていく感じですかね。

そして、いい病院で働く人が辞めることはありません。

何故なら、ほかの病院で仕事をしても続けることは困難だということを知っているからです。

 

ポイントはこの求人案件をいかに早く見つけるのか?っていうことだと思います。

私のおすすめする看護師の求人の見つけ方は、転職サイトをフル活用するっていうことです。

 

ポイントはこの求人サイトのどこを利用するか?

これに尽きます。

ここだけ間違うことがなければ、なんとかして見つけることができると思います。

 

私のオススメの求人サイトを紹介しているサイトを一覧でまとめているサイトがあるので紹介しておきます。

オススメのサイト紹介:オススメ!看護師求人サイト

 

このサイトが今のところ最速で求人情報を更新しています。

だから、このサイトへの登録は必須です。

このサイトへの登録をしてから、更に自分の希望条件を示して、その希望に近い求人が出たら、即、メールで届くように設定したほうがいいと思います。

 

これらの作業は必須なので、絶対にしておいたほうがいいと思います。

本当にいい求人情報はいつまでも掲載されていません。

ほとんどがスグに決まってしまっているので、油断することなくいつでもアンテナを張っておいてくださいね。

看護師の転職

看護師が転職するにはいろいろな方法があります。

普通の会社員なら、ハローワークなどで求人を探して、紹介状を持って面接してってかんじでしょうか?

 

しかし、看護師の場合には、そういう方法を取ってもいいんですが、それではちょっと効率が悪いかもしれません。

看護師の場合には転職する時には、その看護師を病院が取り合いになるからです。

看護師に限らず、医師も完全に今の医療界では不足しているのでこういうことになっています。

 

なので、看護師が次の職場を探そうと思ったら、ハローワークなんかに行かなくてもいい条件で仕事を探すことはできるんです。

 

特に民間の看護師の専門転職サイトはかなり優秀ですので、是非利用するようにしたいですね。

民間の転職サイトだと、専属のエージェントがいるので、あなたにぴったりの求人を見つけてくれるから利用しない手はないです。

 

それに、このエージェントは求人者に変わって病院側と交渉もしてくれます。

これが非常に便利ですよね。

さすがに、月々の給料を倍にして欲しいなんて要求は絶対に無理ですが、交通費を出して欲しいとか、夜勤手当の額などの交渉などもしてくれるのでありがたいです。

 

私が板橋区の看護師求人を探していた頃にも、転職サイトを使ったんですが、非常に便利で至れりつくせりでした。

そのおかげでハローワークの対応がひどく感じてしまうという副作用がちょっと困りました。

ハローワークの職員も一生懸命対応はしてくれてはいるんですが、比べ物にならないですよね。

 

それほど優秀なので、転職する機会があれば是非利用してみてくださいね。

 

 

看護師の子育て

看護師が激務だと言われるのには様々な理由があると思います。

その中でも子育ては大変です。

 

何故なら、時間に不規則だからです。

時間に不規則なので、託児所がありません。

 

なので、看護師の多くは実家の近くに住んだり、旦那さんの協力がなくてはいけません。

この、援助がなくては看護師という仕事を続けることができないのです。

最近では、国も人口を1億人維持を目指していろいろとやっていますけど、まだまだ現状としては足りていません。

 

とにかく、看護師に限らず、最近は労働形態が多様化しているんですから、旧態依然のままではやっていけるわけありません!

夜勤をしている人にも子供を安心して預けられるところを整備して、援助しないと子供をつくろうとは思いませんよね。

 

こういうところの整備から初めて行かないと、看護師も安心して子育てはできないのです。

現在の看護師は身内の援助のみが力です。

 

それがなくなれば、看護師を休業するか? 辞めるしかありません。

そして、どちらの方法をとったとしても、復帰するのは面倒です。

 

最近の医療の進歩は早いのです。

現役のままでもついていくのは大変です。

その上に休業してして、復帰するとなったら、大変です。

 

それを看護師たちは知っているので、そのまま看護師という職業からもリタイヤするのです。

こういうことも防ぐようにしないとダメですよね。

看護師の夜勤

看護師に夜勤はつきものです。

夜勤が好きっていう人も中にはいます。

それは、夜勤手当が目的です。

それがなかったら、夜勤が好きっていう人はいないでしょう。

 

既婚者には夜勤は大変です。  特に、小さい子供がいる家庭では。

しかし、看護師という仕事をしている以上は夜勤は避けられません。

なので、ここでなんとか労働基準法を改善して、夜勤ばかりでもいいようにしてバランスを取れるようにしたほうがいいのではないか?

と私は思うのです。

 

そのほうが夜勤ばかりの人も生活リズムが取れていいのではないのかな?と。

看護師で辛い事のうち夜勤をしたり昼間仕事したりして、生活リズムが取れないっていうこともデメリットの一つですから。

それが、夜勤ばかりなら生活リズムが多少は取れるので、マシになるんじゃないかなと思ってます。

 

逆に、不規則に夜勤をしたり昼間働いたりすると、その生活リズムが崩れてしまい、自律神経をダメにしてしまって病気になると思います。

 

こういう感じで看護師のシフトを臨機応変に対応できるようにしたほうが絶対にいいと思いますよ。

 

 

労働環境の改善

現在の医療関係者の労働環境というのは、非常に過酷です。

医師でも、看護師でも、過労死が発生しています。

これを改善するために、少しでも力になりたいと思いこのサイトを立ち上げました。

 

病院は24時間、365日、休みはありません。

これが、医療関係者を困らせているんですよね。

休みがなくても、働く人員がいれば問題はありません。

しかし、看護師も医師も人員不足じゃない病院っていうのは、存在しないと思います。

 

特に、看護師っていうのは現在、看護学科を増やしているので、近い将来は逆に看護師あまりになるという予想がされています。

しかし、本当にそうでしょうか?

私はそうは思いません。

看護師もかなりの激務です。

もし、近い将来に看護師の人数が増えても続かなければ意味がありません。

 

私は思うのです。

看護師を増やすことよりも、看護師の労働環境改善に努力して、一人の看護師が長く続けられるようにしたほうが正解じゃないのかなと。

一人の看護師が長く続けると、その看護師の経験値も増えて患者さんも医師も助かるのではと。

 

毎年、新しい看護師がたくさん出てきても、すぐに辞めてしまって毎年、毎年新しい看護師が入ってくるようでは患者のためにはなりません。

だから、私は出来るだけ、労働環境の完全に努めて、長く続けられる環境を提供するようにしたほうがいいと思います。